うずらの「味つけ卵」 - 歌と健康 表情筋トレーニングで健康増進|はるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはな健康レシピ > うずらの「味つけ卵」

うずらの「味つけ卵」

2018年02月25日

卵は栄養がバランス良く含まれている食品です

毎日1個程度ならコレステロールの摂取量も心配ないので できるだけ食べるようにしています

よく立ち寄るお店で ふだん見かけることがない「うずらの卵」をみつけました (^^)
「うずらの卵」は中華料理の八宝菜や あんかけ焼きそばの上にのせられていることが多いですが 最近は物価上昇&経費削減のためか 必ず使われているわけではありませんね
せっかく注文しても「うずらの卵」がないと私は少しがっかりします
家庭料理では食べる機会が少ないと思います

「安心たまご」と書いてあったので多めの30個入りですが買いました
きれいな空気とミネラルたっぷりの水に恵まれた場所で 抗生物質などの薬品の入らない新鮮な餌で生産されたそうです

さて ... 何を作ろうかな?

うずらの卵

お蕎麦を食べる時に 蕎麦つゆに入れて食べるのが好きです
たくさん買ってきましたから やっぱり "味つけ卵" を作ることにしました
環境の良い場所で育ったうずらから産まれた "健康な卵" ですから できるだけシンプルなお料理を作ることにしました

先ずは10個で ...
茹で時間は沸騰してから2分にしました
すぐに水に入れて冷まします
水の中で皮をむきました(このほうが上手くむけます)

味つけは お醤油とお酒 1:1 に 昆布茶 を適当に加えただけです


うずらの卵

味がつきやすいようにこのようにしました
そのまま冷蔵庫に入れて 時々袋をひっくりかえして味がまんべんなく染みるようにします

2日かけて味つけしたら できあがりです!


うずらの卵


食べてみたら懐かしい味で美味しい ... (^^)v
「うずらの卵」って 黄身が大きいですね ♡
鶏の卵に比べて白身と黄身のバランスが違うのですね(思わぬ発見です!)
2~3個ツルンと食べてしまいました
この「うずらの卵」は一般に売られている卵より黄身が濃い色です

幼かった頃 母から「うずらの卵」は鶏の卵より栄養があるのよと聞いたことがあります
「うずらの卵」は小さいですが「鶏の卵」よりビタミン類がとても多く含まれていますので滋養強壮に良いです

特に「ビタミンB12」は 鶏卵の5倍以上も含まれています
他にも「ビタミンB2」「ビタミンA」「鉄分」「セレン」(ミネラルの一種で抗酸化作用がある)が鶏卵より多く含まれています

貧血予防には欠かすことのできない「ビタミンB12」「鉄分」や皮膚を健康に保つたくさんのビタミンが含まれています

女性に嬉しくて美味しい ... お肌がよろこびそうです (^^)
そして子供も大好き ... お弁当に入っていると笑顔になれちゃいます ♡(^^)♡

おいしく食べて免疫力アップもできますね
味つけ卵 を作っておけば2~3日は冷蔵庫から出すだけで一品として便利に食べることができますから嬉しいです

小さくて可愛い「うずらの卵」が持つ健康に良い大きなパワー

お肌や粘膜を健康に維持したいので また買いたいです



お問い合わせ

PageTop