「春の酢の物」で減塩メニュー - 歌と健康 表情筋トレーニングで健康増進|はるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはな健康レシピ > 「春の酢の物」で減塩メニュー

「春の酢の物」で減塩メニュー

2017年03月18日

すっかり春めいてきましたね (^^)
桜の開花予想が気になります ♡ ♡ ♡

食事を作る時に気をつけていることの1つに『減塩』があります
『減塩』を心がけることが 健康維持におよぼす影響は とても大きいです

和食はとても健康に良いのですが 「塩分摂取量」だけは気をつけなくてはいけません

薄味のつもりでいても たいてい「塩分」はオーバーしてしまいがちですね

日頃のメニューに「酢の物」を一品作ることで簡単に『減塩』に取り組めます
理由は「酢の物」にはあまり『塩分』が含まれていないからです

手軽に作ることができる「酢の物」は 冷蔵庫で2~3日保存できるので 私は目先を変えて食事を楽しむためと時間短縮をかねて 先ずは「基本の酢の物」を作ります
そこに日によって素材をプラスすると 前日とは違ったメニューを食べている気持になれます

今日の「基本の酢の物」「糸寒天」「モズク」です(水っぽい野菜は「基本の酢の物」には向きません)
「生姜」も すりおろして加えると 風味がアップして美味しくなりますし 体をあたためる効果もあるので手軽に使っています

ここまでが「基本の酢の物」です


今日は庭に植えてある「蕪」を摘まんで茹でて「基本の酢の物」に加えました
「菜の花」のように見えますが黄色く見えるのは「蕪」の花芽です


蕪とモズクと寒天の酢の物

「蕪の花」... はじめてみました (^^)
「蕪の花」を加えると「春の酢の物」... 季節を楽しめます

この時期咲く野菜の花は ほとんどが「黄色」なのですね


野菜をたくさん食べることも大切です
1日に摂りたい野菜の目安量は 350g以上(厚生労働省の「健康日本21」に示されています)

これは 生野菜なら両手に1杯70g×5杯分
温野菜だと 片手に1杯70g×5杯分の量になります

野菜はビタミンとミネラルや食物繊維の貴重な供給源ですから バランスよく食事に取りいれたいのですが ...
毎日の食事でこんなにたくさんの量を食べるのはむずしいですね

今日のレシピは 野菜が入った小鉢として一品増やす程度のメニューですが これが野菜摂取量を増やすコツです

食物繊維が多く含まれている野菜を積極的に食べることが 高血糖や食べ過ぎの予防になります


明日は「牛蒡」を細く千切りにしてアクを抜き 茹でて水を切り冷めたら「基本の酢の物」に加える予定です
明後日は「はす」を同様に調理します
食感が変わることで 毎日が別メニューのように感じられます

食物繊維を意識して作るお料理は 楽しく食べるために みための美味しさもこだわります (^^)/

季節の野菜を『減塩料理』で積極的にバランス良く食べると 『健康度アップ』できますね

何ごともできることを継続しながら コツコツ ... 幸せな時間を重ねたいと思います (^^)



お問い合わせ

PageTop