はるはなメソッド - 歌と健康 表情筋トレーニングで健康増進|はるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなメソッド

顔からあご、首にかけての筋肉を鍛えながら腹式呼吸も同時に行いましょう!
笑顔で骨盤底筋群も鍛えることが出来ます。

元気になれる簡単で手軽なトレーニングの御紹介

腹式呼吸を身につけて無理のない発声を

2013年11月20日 [記事URL]

歌うことは有酸素運動(エアロビクス)です。腹式呼吸が健康に良いことは、一般に知られていますが、簡単なようでよくわからない...が本音ではないでしょうか?

腹式呼吸とは横隔膜(おうかくまく)と腹筋を使って行う呼吸です。そんなこと知っているわよ!と思われるかもしれませんが、ではお腹の筋肉は一体どこにあるのか手でおさえてみてください。

お腹の筋肉正解はお腹をこわして痛い時に自然に手がいく場所です。
お腹の筋肉中には胃のあたりに手を当てた人がいるのではないですか?おなか痛~いって手を当てながら前へかがんだところが腹筋の位置です!かなり下ですよね。

それから腹式呼吸はお腹の筋肉だけ使うのではなく背中やお尻の筋肉も使います。

例えば口笛を吹いてみてください。お腹だけではなく、身体の後側の筋肉が一緒に動いているのがわかると思います。

お尻の筋肉が動き、お尻の穴も2cm位あがっていますよね。腸に刺激が通じて健康にも良いのではないでしょうか?腹式呼吸は普段使っている筋肉で簡単に確かめることが出来ます。簡単でしょう。

私は腹式呼吸ではなく、下半身呼吸ですよねと講座の時にお話します。また大きな声で歌うと気持ちよいですが、しっかりお腹から声を出せるようになりたいと思っていてもなかなか思うように歌えず、のどが痛くなったり、かえって悩みこんでしまっては残念です。

しっかりした大きな声でこれから先、ずっと元気よく歌えるように、腹式呼吸を身につけて無理のない発声で楽しく歌いましょう!



表情からあなたは判断されている・・・表情筋の話

2013年11月20日 [記事URL]

表情筋は顔にある筋肉です。

顔の筋肉人は自然に相手の顔色を見ながら話します。今日は元気かしら?ニコニコしているから元気そう、安心ね。無表情でポカンと口をあけているから元気がないみたい...病気かな?目つきがするどいから怒っているのかしら?話しかけずに知らん顔しておいたほうが無難ね。など。

顔の筋肉表情から知らないうちに判断されてしまい、あの人はこんな人よと言われてしまいがちです。口角がちょっとあがっていると好感を持たれるようですね。

顔にはたくさんの種類の筋肉があります。皆さん、電車に乗った時に前の長椅子に座っている人の顔をちょっとだけ眺めて観察してみてください。なんか幸せそうな人あまり見当たりませんよね。疲れて中には大きないびきをかいていたり・・・

緊張感のない顔しているなあ、みんなつかれているのねえと思いますが、実はおそろしいことに、普段の自分の姿と重なってしまいませんか?

さあ今から実践、表情筋トレーニングを始めましよう。

私の場合、表情筋の訓練をする時、必ず体全体を使います。これが特徴です。一枚皮の人間の体は、笑う時、口笛、咳、クシャミをする時でも腹筋を使います。

また興味のあるものを見るとき目とおなかの筋肉を同時に使います。目を動かしているのも筋肉ですよね。例えばバーゲンセールで取り合いになる時、目力と腹筋を一緒に使う(笑)この時唇にも力が入っているのではないでしょうか?唇は上と下で1つの筋肉から出来ています。私が考えた表情筋の簡単な体操(4つで1セット)もあります。発刊本『毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング』(DVD対応)スペシャルプログラム"はるはな顔の体操"(p.88~p.91)で詳細をご紹介しています。

まだまだたくさんお話したいですが、この先はお会い出来た時にお伝え致します。



インフルエンザや花粉症対策にも効果が・・・

2013年11月20日 [記事URL]

うがい(嚥下防止・唇と喉の筋肉を鍛えます)

Step1. まず手をよく洗い、次に水道の蛇口の下で手のひらに水をため口に水をふくみます。 (この時、手のひらに口を近づけるような姿勢で行うと、自然に背中の腰のあたりが膨らみます。腹式呼吸で使う筋肉なので、意識して確かめながら感覚を覚えて下さい。)

顔をあげ自然に立ちブクブク...と勢いよくうがいをします。

唇をしっかり閉じているのと、舌が口の中でしっかり動いているのを確認しながら行って下さい。うがいでこんなにしっかり唇と舌を使っているなんて考えてみたことありませんよね・・・。ペーッと言いながら水を出します。これを3回行います。

Step2. そして、次に Step1と同様に、水を口に含んで上を向いてカラカラ...とうがいしてペーッと水を出します。

2回行って3回目は喉の奥深くまでうがいするように行います。(むせると怖い感覚の部分まで意識しましょう。)この時、舌と喉の筋肉がくっつくことにより自然に気管に水が入らないようにしているのを確認しながら、同時にお腹の前と後ろの筋肉を使って支えて立っているのを感じましょう。

全身を使って"うがい"しているのですね・・・!!。




  


お問い合わせ

PageTop