胃がんのお話(さんのう健康講座) - 歌と健康 表情筋トレーニングで健康増進|はるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなBlog > 私が参加したセミナー > 胃がんのお話(さんのう健康講座)

胃がんのお話(さんのう健康講座)

2013年06月03日

       病院 胃がんのお話 医者

とても興味のあるお話を聞かせていただけるのではないかと期待して参加を

させていただきました

はるはな

最近 "ピロリ菌"を退治しても その後 がん になる可能性があるとの情報を

耳にしていましたので 新しいお話を聞かせていただけるのではないかしら?

との期待を胸に 山王病院 の山王ホールへと向かいました

清水信幸先生のお話はとても解りやすくてもっとたくさんお伺いしたいと...

60分ではもったいないように感じられました

医者 主な内容は

   (1) 胃がんは増えている

   (2) どうやって胃がんはみつけるの?

   (3) ピロリ菌を退治すれば大丈夫?

   (4) 体にやさしい胃がんの治療法ー腹腔鏡手術など

今年の2月からピロリ菌除去に保険診療が適用できるようになったそうです

やはりピロリ菌感染者は無い人に比べると男女とも胃がんになりやすい

確率が高くて 喫煙する人は肺がんだけではなく

胃がんになる確率も高いそうです

興味深く聞かせていただいたお話の中に「 胃カメラ(上部消化管内視鏡)」を

始めて作ったのは日本人とのお話がありました スゴイですね!!

1950年のことです(宇部達郎先生とオリンパスが完成したそうです)

私が生まれるずっと前のことではありますが

日本人って素晴らしいと感激しました

医者 ピロリ菌について...

 ピロリ菌とは1983年にオーストラリアの医学者によって発見報告された

 胃の中に生息する微生物で「ヘリコバクター・ピロリ菌」が正式名称です

 1994年にWHO(世界保健機関)によって確定的な胃がん発生要因と

 報告されたそうです

 つい最近と言っても過言ではないのですね...

 ピロリ菌の検査方法は幾つかの種類がありますがピロリ菌を除去しても

 ピロリ菌をがいた胃には胃がんが発生することがあるそうです

 定期的な検査でがんの有無をチェックすることによって人生が大きく違います

やはり危険因子には 高食塩食・喫煙が影響しますので

生活習慣をチェックしながら改善を心がけるこがとても大切と思いました

今や2人に1人にが がん という病にかかります

近い未来には死因の2人に1人が がん と言われています

日頃から情報に耳を傾けて生活することの大切さをしみじみと感じながら

帰宅しました



お問い合わせ

PageTop