人工関節(膝・股)の 話 - 歌と健康 表情筋トレーニングで健康増進|はるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなBlog > 私が参加したセミナー > 人工関節(膝・股)の 話

人工関節(膝・股)の 話

2014年06月21日

昨日 『さんのう健康講座』 に行ってきました

今回のテーマは ...
「人工関節(膝・股)の話をお聞きになりませんか!」

南 和文医師は 山王病院の整形外科部長をされています


いつまでも自分の足で歩きたい...
元気な人には 縁のないお話かもしれません
しかし まわりを見まわすと膝関節が痛いという方 ... たくさんいらっしゃいますよね
股関節の病気で手術された知人もいます

「痛み」は健康な時には 意識していなくても「痛み」が出た瞬間から
体を動かすことが大変になってしまい 外出はもちろん
家の中を歩くことや 荷物を持つことなどに影響してしまうので
生活が不便になってしまいますね(つらいことですね ... )

平均寿命が延びていますが 膝や股関節に痛みがあると体が思うように動かせず
健康長寿でいられなくなったら 介護のお世話になってしまうかもしれません

膝に痛みを感じ始めた年齢は  10代   3.1%
               20代   4.2%
               30代   8.7%
               40代  25.0%
               50代  28.9%
               60代  23.9%
               70代   6.1% 

約半数の人が 40~50代で痛みを感じ始めているのです

階段の上り下り・和室での生活・遠くへの外出・旅行・車の乗り降り・そうじ・孫の世話
このような日常生活が 困ることの上位だそうです

人工関節が使われる関節は 膝が58% 股関節が38%
全体の96%になります(2012年)
肩の人工関節もあるそうです

膝の人工関節の手術を受ける方は 年間75.600件にもなり
この10年間で 約2倍に増えたそうです

人工関節を使える期間は20年と聞いていましたが
現在ではもっと長く使えるように変わってきたので
その分 手術をおこなえる年齢が若くなった と聞いて胸をなでおろしました
(以前は寿命から20年位引いた年齢まで手術ができないと言われていました)
最近では80歳以上の方が手術することも珍しくないそうです
80歳以上で手術を受けられる人は 前向きな考えの方とお話されていました

人それぞれ考え方は違いますが ...
"シニアライフを楽しむため"  の方法なのですね

手術を受けた後に 計画していることは
旅行・体力づくり・ボランティア・趣味のスポーツなど ...
目標を立てて 前向きに手術ができれば その後のリハビリも頑張れますね
手術は大変ですが 痛みが無くなって動けるようになると 顔もやさしくなるそうです
(とっても納得できます)

体内に入れる「人工関節」を手に取って しくみと 重さを確かめることもしました
医師が手術時に使用する道具も見せていただきました
大工さんが使用するものと ほとんど同じで のこぎり や トンカチ ... こわかったです
^^; 手術は全身麻酔なので 怖くない ... 大丈夫です


最近 テレビで 生活習慣病や認知症についての放送が多いですが
体を自由に動かすには "骨" "筋肉" などについても正しい知識を学びたいと感じました

牛乳を飲む女性は 「変形性膝関節症」の進行が遅いそうです
おすすめの牛乳は "無脂肪" "低脂肪" とお話されていました

ずっと "健脚" で過ごせるように牛乳を飲むだけではなく
これからは積極的にお料理にも使いたいと思っています

"健康寿命をのばす"
"自分らしくすてきに年齢(とし)を重ねること"  にこだわって

ずっと元気な笑顔で長生きできますように ...

そして 皆さんの笑顔が増えますように と願わずにはいられません

参加している皆さん とても熱心にお話に耳を傾けていらっしゃいました



お問い合わせ

PageTop