第24回慶應医師会 市民公開講座 - 歌と健康 表情筋トレーニングで健康増進|はるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなBlog > 私が参加したセミナー > 第24回慶應医師会 市民公開講座

第24回慶應医師会 市民公開講座

2013年10月03日

    先生 第24回慶應医師会 市民公開講座 えんぴつ 

今回の講演テーマは "がんの早期発見のために"

新しいお話を聞かせていただけるのでは...との期待を胸に ha-to

信濃町の慶應義塾大学医学部の 北里講堂 へ向かいました

北里記念医学図書館内 → はるはな

(北里講堂)

開会の御挨拶は 鈴木 規宏教授(慶応医師会会長 慶應義塾大学医学部内科学教授)

泌尿器科の教授の司会で進められた演題は

(1) 採血で見つける  前立腺がん  

(2) 内視鏡で見つける  食道がん・胃がん・大腸がん

(3) 画像診断で見つける  肺がん・腎臓がん

            ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

がん にならないためにできること ...... 禁煙・メタボ予防

がんになるかもしれないから ...... 早期発見で根治

活気的な治療があるので きちんと検査や治療をすることが大切です

メモ 今回も一生懸命にメモをとりながら参加させていただきました

                    医者  (1) 「前立腺がん」

ここ数年日本でも前立腺がんが とても増えているのですが

PSAという簡単に行なえる すぐれた血液検査で80%以上の異常が見つかるそうです

2025年には 男性のがん の 死因の第2位になると予想されています

50歳を越えたら PSA の検査をしましょうとの キャッチフレーズを目にしたことがありますが

お話を伺っていて 納得することができました

男性の皆さんは 是非 積極的に行なってほしいです

ポイント 簡単な検査で早期発見すること 意識を持つことが大切ですね

前立腺の大きさは クルミ大 くるみ

よくオレンジを オレンジ 輪切りにして例えられるのですが

皮と実では 皮の部分にできる がん です

                     医者

(2) 「内視鏡で見つける」

お話は たくさんの映像を見ながら...

実際の検査や治療の方法を見ることができました

ヨード液で色をつけると 正常な場所は茶色

がん は 染まらないそうです

検査に お酢 を薄めて使用することも教えていただきました

また 器官を撮影する為のカプセルのお話も興味深かったです

質問コーナーでは 手をあげて...今まで疑問だったこともスッキリ解決しました (^_^)v

                     医者

(3) 「画像の診断で見つける 肺がん・腎臓がん」

超音波とは? のお話から始まって歴史も教えていただきました

そして 腹部超音波検査のお話 ... 肝臓・胆のう・脾臓・腎臓 の検査方法

腎がんは 画像検査をやらないと発見しにくそうです

痛くない検査方法で早期発見できる時代なのですね...

何よりも 普段の食事 生活習慣の管理が大切

2人に1人が がん になってしまうのだから 知識を身につけることが

自然に予防にもつながる (煙草は絶対に吸ってはダメです!!)

質疑応答を含めて 終了したのは 予定を大幅にオーバーした 20時でした

このような ためになるお話しの機会を作って下さった方々に

ありがとうございます! との感謝の気持ちです

HH

お問い合わせ

PageTop