自転車運転者講習が始まります - 歌と健康 表情筋トレーニングで健康増進|はるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなBlog > はるはな先生の独り言 > 自転車運転者講習が始まります

自転車運転者講習が始まります

2015年05月24日

自転車は生活にかかせない便利なものですね

しかし一歩間違うと大きな事故にもつながりかねませんから
安全に乗ることが大切です

毎日の生活の中で「ヒヤッ!」っとする場面に遭遇した人も多いはず

平成27年6月1日から 改正道路交通法の施行により
危険行為を3年以内に2回以上すると
「自転車運転者講習」の受講が命じられるそうです


自転車運転者講習

違反者の特性に応じた個別的指導を含む3時間の講習(標準額5,700円)
また命令を受けてから3ヶ月以内の指定された期間内に受講しないと
5万円以下の罰金を支払わなくてはなりません

対象となる危険行為の概要を見たところ
知らないうちに自分もやってしまっていると思われることがありました

・歩道通行や車道の右側通行(道路の右側に設けられた路側帯を通行する行為も違反)
・警報機が鳴っている時に線路に立ち入る行為(遮断踏切への立ち入り)
・飲酒しての運転(酒酔い運転)
・歩行者の通行を妨げそうなのに一時停止しない(歩行者妨害)
・一時停止標識等を無視して交差点に進入したり
 交差道路を通行する車両等の進行を妨害する(一時不停止)

このような自転車運転をしている人も多いですよね

信号無視やスピードの出し過ぎは 思わぬ事故につながりますから
危険行為なのは誰でもわかりますが 対象となる危険行為を知ることが大切ですね

傘をさしての運転や ながらスマホで事故を起こした場合も安全運転義務違反です

とっても速いスピードの自転車に ヒヤッとしたこと ... たくさんあります
自転車に衝突されての事故に合うと その後の外出が怖くなってしまい
恐怖から生活スタイルが変わってしまうという話も聞いたことがあります
特に高齢者が事故に巻き込まれて怪我をすると
その後の『健康寿命』が一転してしまうかもしれません
人の人生を変えてしまうかもしれないことが 他人ごとではないのですね

幼いころから自転車の運転について学ぶ機会があると良いですね
自動車運転免許証を取得していない人は 交通ルール標識の意味があいまいかもしれません
ずいぶん前の事になりますが 私自身 車の運転免許証を手にしてから
自転車の乗り方が変わり 自然に良い習慣を身につけられたように思います
車を運転する人に自分の存在がわかりやすいような乗り方になりましたから ...

お互いに譲り合う位の思いやりと余裕を持ってハンドルを持てたら良いと思います
急いでいてついついスピードの出し過ぎなど してしまいがちですが
「自転車は運転する乗物」との自覚を持って安全運転しましょう!(^^)



お問い合わせ

PageTop