「フレイル」を知っていますか? - 歌と健康 表情筋トレーニングで健康増進|はるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなBlog > やさしい健康情報 > 「フレイル」を知っていますか?

「フレイル」を知っていますか?

2017年07月09日

「フレイル」(フレイルティ)
この言葉を知っていますか?
まだ聞きなれない方が多いのではありませんか?

「フレイル」とは 海外の老年医学の分野で使われている英語の「Frailty(フレイルティ)」
日本語に訳すと "虚弱" "老衰" "脆弱"(ぜいじゃく)などになります

すでに聞きなれた言葉としてあるのが ...
「ロコモティブシンドローム」(locomotive syndrome)運動器症候群
運動器(筋肉・骨・関節・軟骨・椎間板)の障害によって 移動能力が低下した状態

「サルコぺニア」(筋減弱症)
筋肉量が減少し 筋力低下または運動能力の低下がみられること

この2つは知識を持たれていて 健康維持のために日頃から取り組まれていらっしゃる方も多いことと思います

今日は「フレイル」についての正しい知識をお伝えいたします

「フレイル」は 厚生労働省研究班の報告書によると 加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能)が低下して複数の慢性疾患の併存などの影響もあり生活機能が障害され 心身の脆弱性が出現した状態ですが 一方で適切な介入・支援により生活機能の維持向上が可能な状態像です

特に高齢者に発症しやすいですが 早く気づいて正しく対処すれば 元気に戻る可能性があります


厚生労働省の「基本チェックリスト」がありますので 参考にされてください (厚生労働省資料より引用)
基本チェックリストの見方 ... 総得点が8以上ある場合は「フレイル」に該当する確率が高いです

自分の体の状態を知ることにより どうやって健康を維持するかを考え実行する目安に活用できます
自分の体の声を聞きながら ウォーキング(散歩)・ジョギング・水泳・ヨガ・筋力トレーニング・サイクリングなど 自分に合ったことから始めて継続することをおすすめします


心身の健康に目を向け「生活の質(QOL)」を保てるように工夫しながら 自分らしく笑顔の毎日を過ごされますように ♡ ♡ ♡

いつまでも自分の足で歩くために ... 積極的に取り組みたいですね(健康応援団)



お問い合わせ
カテゴリ内の次の記事


PageTop