暑い夏の体調管理について - 歌と健康 表情筋トレーニングで健康増進|はるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなBlog > やさしい健康情報 > 暑い夏の体調管理について

暑い夏の体調管理について

2016年08月20日

連日の "酷暑" "むし暑さ" とても過ごしにくい日が続いていますね
台風による 気圧の変化は体調に悪影響です
今年の夏は 天気の変化も激しいですし 屋内と屋外の温度差が大きいので これらが健康に大きく影響してしまいます

私は "エアコンによる冷房" と 外気との温度差が とても苦手です
歌い手として 体調のコントロールがとても難しいのです
楽器である体を冷やすことは 歌声に かなり悪影響を及ぼします

特に レッスン室で長時間過ごす日には "寒さ対策" に対する万全の準備をして仕事に向かいます


ストール 靴下


持っていくのは ストール2~3枚・レッグウォーマー・ソックス・腹巻 等です
時には 体を温める効果のある "粉末の漢方薬" も 持参します

先ずは 「首」「手首」「足首」「足」「腰回り」を 冷えから守る対策です

それでも冷え過ぎの部屋の中にずっといると まだ寒くて ...  悩みの種 です ... ^^;

多くの場所で クールビズ に取り組んでいますが 実情は「冷やし過ぎで寒い ... 」このように感じている方は きっと私以外にもいらっしゃいますね 
いったん冷えてしまった体は あたたかい飲み物を飲んでも すぐには温まらずに 効果が現れにくいです

最近では 自律神経が乱れ気味と感じています

歌い手は 体の些細な変化にも敏感ですし 自己管理には人一倍気を使っています
『体調管理も実力のうち ... 』が あたりまえ ...
しかし 実際には 室内と室外の外気との温度差は10度~12度位の差はあります
都会のアスファルトの道を歩く時など 私の熱中症計は 40度を超えている日も珍しくありません

体温より外気の温度が高くなると 通常の発汗ができなくなってしまいます
汗をきちんと出すことができなくなってしまうと「熱中症」になりやすいので要注意!
熱中症にならないようにと こまめに水分補給を心がけていても 連日の暑さと天候の変化や温度差で疲れが日増しに増え  抵抗力も低下しがち ... 特に 幼児とお年寄りは注意が必要です

近くにいる人が気づいて 声掛けできれば良いですね

オリンピック観戦で寝不足気味の方も多くいらっしゃいます
寝不足のダメージを感じながらも ついつい応援に力がこもってしまうのが人情ですね
すると 交感神経の活動が活発になってしまい 質の良い睡眠をとれずに お疲れ気味のまま仕事に向かう日が続き 夏風邪・夏バテになるリスクが増えてしまいます

健康に導く仕事をしている私が 夏バテするわけにはいきません

ゆっくりぬるめのお風呂でリラックスします
また このような時こそ『食事を大切に!』と こだわっています!
継続は力なり ... 健康にこだわり続ける気持ちが一番大切です!
季節に収獲される野菜や果物をはじめ お肉・青魚・卵などを積極的に食事にとりいれ 生姜や塩麹などのさっぱり味つけなどで食欲を保ち バランス良いメニューを心がけます
短時間で作れるメニューや 冷凍保存を上手に利用して 後日違うメニューに変身して食べることもあります

それにしても 先程までの豪雨が 今は陽ざしの強い天気です

皆さん くれぐれもご自愛くださいね ♡ ♡ ♡



お問い合わせ

PageTop