塩分摂取・減塩について - 歌と健康 表情筋トレーニングで健康増進|はるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなBlog > 塩分摂取・減塩について

塩分摂取・減塩について

2017年01月15日

あっという間に1月も中旬になりました
時間が足早に過ぎるように感じられるのは私だけでしょうか?

今日は 厳しい寒波と積雪を伝える 天気予報やニュースが気になります

この年末年始は ふだんより御馳走を食べる機会が多かったです (^^)

親しい仲間が集まって楽しい時間を過ごせるチャンスですが ついつい食べ過ぎてしまいがち ... 少し お腹が重くなったように感じられます(体重計にのってチェックしなくっちゃ...)

メタボにならないように ... 健康維持の食事をいつもより気をつけてカロリーを気にしながら 野菜を積極的に食べるようにしています

同時に『減塩メニュー』も心がけています

私は「家族の健康」を考え始めた頃から もうずいぶん長いこと『減塩メニュー』を続けています
しかし この数週間の食事は いつもより塩分を摂り過ぎているように感じられて ... そのことがとても気になっています


塩

『塩』は摂取しなくてはならない大切なものですが 現代は摂取し過ぎの傾向にあります
外食や できあいのお惣菜は塩分多めに調理されています
煮物をたくさん食べる機会が多いお正月は 自然にいつもより塩分摂取量が増えてしまう傾向にあります

高血圧の方は 原則的に 毎日の食事の塩分摂取量をコントロール(減塩)する必要があります
『和食』は栄養バランスの良い食事ですが 塩分摂り過ぎに関しては 気をつけなければいけませんね

ふだんの食事 ... 味噌や納豆 漬物などの発酵食品は とても体に良い食品です

しかし 健康な人も 食事に含まれている『塩分』に注目することが大切です

『塩分の摂り過ぎ』は 思っている以上に "健康" に様々な悪影響を およぼしてしまいます

毎日の食事の習慣をチェックするには ... かなりの 意識と意志と工夫が必要ですね!


現在  WHOが適当と示している1日の塩分摂取量は5gですが 日本人はその値よりはるかに多いです

世界的にもブームの『和食』は「ヘルシーで健康的なイメージ」と注目されています ... 確かにヘルシーですが 食事から摂取する塩分量が多いことが問題です
しかしちょっとした工夫をすれば 減塩しながら美味しくて健康に良いメニューとして食すことが可能です

できるだけ若いうち(早い時期)から素材の味を活かして食べる "良い習慣" を身につけましょう

今日は私が心がけている ちょっとした減塩の工夫をお伝えいたしますね (^^)/

① 食卓のテーブルの上に お醤油差しを置かない
② お味噌汁は具だくさんにして汁の量を減らす
③ 納豆についているタレは半分以下しか使わない
④ 新鮮な野菜の旨みを活かしてドレッシング等の量を少なくする
⑤ 練り物には隠れた塩分が多く含まれているのであまり食べない
⑥ マヨネーズは油とお塩がたくさん含まれているので使いすぎない
⑦ 酢の物を積極的にメニューに加える
⑧ 生姜や紫蘇・茗荷・ネギ・胡椒・柚子・一味唐辛子を使って調理する
⑨ お弁当についているお醤油やソースはほとんど使わない
⑩ インスタント食品のラーメンやうどんは食べない
⑪ ダシを活かして風味を楽しむようにする

ちょっと考えてだけでもこんなにたくさん思いうかびます

習慣にすれば 日々の食事の管理意識が自然に高まります
気にすることが習慣になれば 減塩は さほど大変なことではありません

美味しく食べて健康に ... そして笑顔で過ごせることが一番の幸せです!

"健康" に良い食事にこだわって生きる人が増えますように ...  (^^)

これからもお伝えしたいです ... とっても大切なことなのですから ...



お問い合わせ

PageTop